専門家・支援者の声をあなたに

いま全国で拡がっている「こども食堂」や、日本で生活している外国人の方の生活に関する問題、奨学金の借りるとき・返すときのポイント、税制のことなど、私たちに身近な問題について専門家から直接学び、話ができる場を提供いたします

それぞれの分野の最前線で活躍する方々の話をぜひ聞きにいらしてください!

こども食堂

こども食堂は食事を提供するだけの場なのでしょうか。こどもたちの「生きづらさ」を共有したり、支援する場として設定したりするべきではないでしょうか。こども食堂の運営者・支援者のお話を聞いたり、参加者の皆さんとともに、こども食堂への想い、不満、展望を語り合ったりしませんか。ミニこども食堂も開設する予定です!

埼玉奨学金問題

ネットワーク

いまや大学に進学する生徒の2人に1人が借りている奨学金。もらえる奨学金もできましたが、いまも主流は借りる奨学金です。借りる時には、返す時のことも考える必要があります。借りる時・返す時に気を付けるポイントを寸劇とレクチャーで分かりやすく説明します。法律家による個別の奨学金相談も随時受け付けています。

外国人問題

長年にわたり外国人の支援を続けてきた方々の講演や質疑の中から、現場を通してわかる、日本社会における外国人の現状を学ぶことができます。参加者の外国人に関する様々な疑問に答える機会も設ける予定です。外国人への理解を深め、日本人と外国人双方にとってよりよい社会にしていくためにどうしたらいいか、みなさんも一緒に考えてみませんか。

ダウンロード
分科会の内容はこちら
分科会・外国人.pdf
PDFファイル 234.0 KB

「反貧困の地方財政~自己責任社会を地域から転換しよう!」

社会保障の充実のためには、住民に身近なところでサービスを提供する地方自治体の役割がとても重要です。ところが、自治体の財政基盤は弱く、人口減少等により地方自治の危機が進行しています。自己責任社会を転換し、貧困と格差の拡大に歯止めをかけ、互いに支え歩社会を、地域レベルから構築する方策を考えます。

非正規労働者の

権利実現全国会議

なかなか正社員になれない今、非正規労働者であっても労働に見合った対価を、という均等待遇実現に向けての運動が重要です。また、そのために全国一律最低賃金の取り組みも進める必要があります。非正規労働者が団結し、何ができるか考えましょう。

「被害者の会の火をけすな」

交流分科会(被連協)

全国の仲間の連帯の力は時代を動かしました。もう、私たちの役割は終わったのでしょうか。いえ、「格差と貧困の一層の深化」・情勢は常に私たちの存在を必要としています。私たちは明かりをともし続けたい。「こんな課題に取り組んでいる」、「こんなこと全国に広めたい」。全国の仲間のみなさん、交流しましょう。学び合いましょう。


全国追い出し屋対策会議・生活弱者の住み続ける権利対策会議

生活支援に取り組む上で、まず住宅を確保することが課題です。入居支援を実践する上で、新しい住宅セーフティネット、保証人、無料低額宿泊施設など、ソフト、ハードの両面から、問題点と改善策をともに考えましょう。

 

クレジット被害対策・地方消費者行政充実会議

クレジット被害について、全国の裁判の状況等を共有した上で、あるべき対策を議論していきます。